« 2011年2月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

居候ネコの話:2

さて、残された兄妹。兄のほうは「白い毛にところどころに黒いブチ。鼻も黒」。妹(たぶん)のほうは小柄で「三毛と縞々がミックスした」ような感じです。まだ、子猫なので、兄妹で無邪気に庭で遊んでいます。

とりあえず、我が家で面倒を見るとはいえ、家の中にはセキセイインコのプトゥラどんがいるので、さすがに家の中で飼うわけにもいかず、とはいえ外も寒いので、なんとか彼らの家?を制作することに。最初は、段ボールを加工していましたが、やはり冬場なので夜とか寒いのではないか?ということで、ネットで大き目の発砲スチロールを購入し、ネコ小屋として加工制作しました。これは、真冬でもかなりあたたかいようで、彼らに気に入ってもらいました。

ここで、また問題が。うちの隣の家(美容院なんですが)にもネコがいまして、そこで飼っているネコも半飼いネコなので、よくうちの庭に遊びにくるわけです。しかも、突然、2匹の後輩ネコがいるのと、断熱効果が高い発砲スチロールのネコ小屋があるのを発見し、朝テラスをみると、お隣のネコちゃんが寝ているんですね。こりゃ困ったということで、もう1つネコ小屋を用意し、とりあえず隣のネコ(オス:みーちゃん、といいます)のゲスト用も用意。これで、うまくそれぞれの小屋で昼寝したりしているようなので、万事解決というわけです。

みーちゃんは、大きなネコでなんとなくこのあたりのボスっぽい風情。でも、我が家の2匹にはとても親切で面倒をみてくれているので、用心棒としてとても頼もしい存在です。とりあえず、登場人物(ネコ)が3匹になりましたので、早く写真撮らないとね・・・。(つづく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

最新プトゥラ

Photo i-phoneの写真撮影がまだ使いなれていない緊張感がプトゥラどんに伝わったのか、びびりで下がってしまいました。毎日元気にしており、体重も40グラム前後で好調のようです。

スマホとかどんどん生活グッズの進化スピードが速くて、やばいです。なんとかついていかないと、と思うこの頃です。ブログの更新も、スマホでできるんでしょうね、たぶん。なんとかマスターして更新回数を増やしたいと思います。また、よろしくお願いします、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

居候ネコの話:1

携帯をi-phoneに変えて、いまいち写真機能が使いこなせないので、しばらく文字のみの記事です。

さて、セキセインコのプトゥラどんに加えて、2010年秋ごろから我が家にネコ一家がやってきました。初回は、父母息子娘の4匹で庭に登場。その後、父親不在で母子3匹で何度か登場するようになりました。うちには、インコがいるからネコちゃんはNG。とはいえ、もともとネコが好きということもあり、「ほんのちょっとだけね、エサも」という感じでしたが、いつのまにか「野良度数?」が低くなり、90%→80%→50%と。半野良でもあり、半飼い猫でもあるような状態に。

10月を過ぎると徐々に寒くなり、寝床も心配ということで、屋根付きのテラスに段ボールハウスを作成。ネコ家族3匹がとりあえず寝ることができるスペースと市販のネコトイレを設置。まあ、それなりに快適な状態ではありましたので、とりあえず、この状態で面倒を見ようと。

がしかし、2010年12月25日(土曜)のお昼頃、突然、母猫が病死。兄妹ネコだけになってしまいました。妻がいうには、死ぬ前の母猫が「すみませんが、この子たちをよろしく」って訴えていたような気がするというので、残された2匹を本格的に飼う方向になったわけです。

この時点で、野良度数は40%となり飼い猫としてスタートしたわけです。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

1年ぶりです

もう、誰も読んでないですね。なんと1年ぶりに記事書きました。最後が2011年の2月で昨年はなんとこの1回でした。それから大震災が3月にあって、その次の日にパソコンが突如壊れ、ミネラルウォーターも買わないといけないけど、パソコンもないとタイムリーな情報が入らない・・・という実感を持った昨年3月でした。

更新していない間に世の中も、自分の環境も変わりました。あ、セキセイのプトゥラどんは元気です。めちゃ、元気で毎日しゃべっています。それ以外では、ネコが2匹居候しています。プトゥラどんと同居できないので、昨年苦労してネコたちのすみかを作りました。そのあたりのお話は、また次回。といって、ちゃんと更新しないとね。

今年こそ、がんばってこのブログを更新しますので、よろしくです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2012年2月 »